本文へスキップ

深セン最新情報
ドットコム

深センの今を知ろう!

中国のシリコンバレーと
言われる広東省深セン市。

2018年に改革開放40周年
を迎え、今後もさらなる
発展が見込まれます。

田舎の漁村から40年かけて
世界一流の大都市へと変貌
を遂げた深セン魅力を余す
ところなくご紹介します。


深セン―中山の「水上バス」はバス化運営が実現された
2018年12月4日

以前、深センの人は中山に行こうとする時、虎門大橋を利用しますが、道がよく混んでいますので、かなり不便です。去年の8月から、深センは水上バスを運営し始めてから、45分かかれば中山につきます。
水上バスは、許容乗客数量が330人の高速豪華客船を使用します。運航時間は45分くらいで、一日に往来便が4便あります。
今年の11月30日から、深センの空港埠頭から中山の客運埠頭までの往来便は毎日14便に増えました。また、深センの空港埠頭はwechatでチケットを買えるようになりました。今後、中山及び中山近郊の人が深セン空港に行くのも便利になりました。深センの空港埠頭から中山の客運埠頭までの船便は去年オープンされてから、その便利さで「水上バス」と呼ばれています。
11月30日から、深セン空港の運航時間によりよく合わせるために、一日に4便の往来便を一日に7便に増えて、「バス化」運営が実現されました。
現在、深センの空港埠頭は毎日24便の高速客船が香港の空港とマカオに行ったり来たりします。そのなか、香港への便は一日に8便で、マカオへの便は一日に16便です。


世界「十大ベストツアー都市」を得た深センの魅力は
2018年12月5日

10月23日、深センは世界最大の個人旅行ガイド「孤独な星」に2019年10大最優秀旅行都市ランキングで第2位となったことにした。では、一体どのような理由で深センにこういう美称にもらったのか、以下の点からわかります。
まずは、深セン「アイデアの都」の国際影響力を高めるために、「旅行+文化創意」を推進することです。「孤独な星」ガイドには、深センの文化リゾートを主にしている「テーマパーク」がトップにします。さらに、この「テーマパーク」は深センの旅行産業発展の重要部分です。その「テーマパーク」たちが少しずつ深センの魅力を向上してきます。次は観光地旅行から全エリア旅行に観光管理サービスの知恵化を実現することです。これは、深センに色々な工業スポットや、周辺の町などが旅行産業と自身の経済発展とつなぎして発展します。ほか、全エリアの知能資源共有も「観光管理サービスの知恵化」の一部です。それから、大湾区の建設を計画して新しいチャンスをもたらすことです。深センの便利な交通、ビザの手続きのやすさにして、多くの人々は北京、上海より深センに旅行しに行く傾向があります。大湾区の発展によって、広深港の距離がもっと縮んで、こうして、深センの旅行産業に多くのチャンスを与えられます。特に海洋優勢を利用して、さらにすごやかな発展をもたらすことができます。


深セン空港―国内でまっ先に新ハイジャック防止検査モードを実行し始めた
2018年12月8日

近年、深セン空港は前後として顔認識、QRコードの自動改札機を導入した後、また乗客差異化ハイジャック防止検査新モードを実行し始めました。
このモードは民用航空公安情報クラウドプラットフォームのデータを利用し、国内安全検査待合区での自動改札機を通し、乗客の搭乗資格を確認し、乗客を「女性」、「男性」、「小荷物あるいは荷物なし」、「行動不便者専用」などの異なる類別を分けてハイジャック防止検査を行い、さらに託送荷物を開けて検査するかを知らせます。
現在、深セン空港の待合区では二種類の自動改札機を設置しました。一つ目の自動改札機は国内待合区の入り口にセットしました。乗客はIDカードあるいはパスポートを通して情報を確認し、情報が正しい場合では、搭乗資格許可を得られて待合区に入れます。二つ目の自動改札機はファーストトラックの入り口にセットしました。安全信用が高い乗客は一つ目の改札機が認証した後、二つ目の改札機でファーストトラックに入れます。
2018年5月から、深セン空港が試験点として、乗客差異化ハイジャック防止検査新モードを試行し始めました。試行期間では、業内専門家と乗客の好評を得られたので、2018年12月1日から正式に実行し始めました。新モードには、有効に航空券と証明書類なし人員が待合区に入ることを防止でき、さらにハイジャック防止検査の待合時間と検査時間を節約でき、ハイジャック防止検査の効率も向上できます。


深中通路の海底トンネルを建造し始めた!
2018年12月9日

深中通路とは、東は海底トンネルで、西は世界で最も高い橋ーー海中大橋とつながる通路のことです。深中通路の建造が終わったら、江門市から深センに行くなら、一時間くらいかかれば着けます。昔より1時間半くらい短くします。
現在、深中通路の建造は最も大変な段階、すなわちトンネルの建設に入りました。深中通路のトンネルは長さが6.8キロメートルで、世界で初めて、8車線のヂュプレックスコンクリートトンネルを使用しました。海で広州から深センまでの交通の建設を実現させるために、深中通路プログラムは東人工島を築きました。
トンネルの両側は東島と西島とつながっています。西島は橋からトンネルへの変換が出来て、東島は「水中で通る」という役割を果たしています。深中トンネルの最も重要な働きは広州ー深セン高速道路、宝安空港、大空港区などの乗り換えが実現できることです。
深中通路が出来たら、東の深セン、西の中山、北の広州、南の香港に行くのも便利になります。深中通路を利用することで、コネクティビティすることができます。
2024年に深中通路の建造が終わる予定となっています。


深センの地下鉄4号線は延長し、2020年に観蘭にいける
2018年12月11日

深センの地下鉄4号線は深セン市内にあって、福田口岸駅から清湖駅までです。4号線は深センで唯一の南から北への路線です。北へ延長する路線は2016年9月から建設し始めて、終着駅は清湖駅です。
今年の12月9日に、深センの地下鉄の4号線は第三期工事で茜坑駅ー長湖駅までの路線を延長して、2020年に終わる予定となって、その時市民は地下鉄で直接に観蘭にいけるということが取り上げられました。
4号線の第三期工事は深センで最も重要な工事の一つです。この路線は4号線の第二期工事の終着駅の清湖駅から、平和路、観蘭大道、ゴルフ大道に沿って駅を設立します。清湖北駅、竹村駅、茜坑駅、長湖駅、観蘭駅、松元駅、観蘭湖駅、牛湖駅と総計8駅を設立して、全長は10.7キロメートルがあります。
第三期工事は港鉄技術諮詢(深セン)株式会社によって進めています。中国電建は施工主として、長さ7.88キロメートルとなる六つの駅の建設を担当しています。
龍華、観蘭地域とつながって、福田中心区、深セン北副中心を貫く重要な交通中枢となる4号線の第三期工事は2020年に終わる予定となっています。


次世代航空専門人材グローバルサミットが深センで開幕
2018年12月12日

12月12日から14日まで、第2回国際民航組織の次世代航空専門人材グローバルサミットが深センで開幕しました。討論を通じて、各国の航空教育、管理、科学技術者の交流プラットフォームを提供し、航空専門の人材の未来発展戦略を検討します。
今回サミットはすでに82の国と地域からの1000人のゲストが参加して、その中には300人の中に外国人が含まれていて、国内外の民航システム政府の役人、世界的な航空教育訓練機構、国際航空産業の領有軍の代表、各国の青年航空専門の人材などが含まれています。 今回のサミットは、主サミットのほかに、模擬国際民航組織フォーラム、未来空港発展フォーラム、航空教育フォーラムなどの3つの並行活動も設置されています。主サミットは航空仕事現在と未来に直面する挑戦、航空業界の女性、人材不足の解決策、国家の次世代航空専門人材戦略などの方面で検討する予定です。ほか、模擬国際民航組織フォーラムでは、現在の国際航空業と国際民航組織が直面する重要な問題についての検討に優勝した人はサミットの閉会式で観客にスピーチします。12月13日午後に開催される未来空港発展フォーラムはアメリカやイギリスの教授と専門家は現場で航空に関する最新の研究及び実践の成果を共有する予定です。
サミットは深圳で開催され、深圳の国際航空界の地位を高めるために、深セン国際航空の中枢建設を推進することになることを信じています。


改革開放40年を記念する時光博物館展覧会が深センに開幕
2018年12月18日

上海、北京に続いて、改革開放40年のテーマについての博物館展覧会が12月18日-25日、深センに開幕します。今回の展覧会は前回と同じ、改革開放40年に関する歴史と部件を表すつもりです。
前回の展覧会と同じ、今回には、「人民日報」に載せた重大新聞が壁に飾っています。ほかに、八十-九十年代、人々の生活環境が再現しました。訪問した客が当時の世界観を味わえます。今回の展覧会は深センで行うので、深センに関する改革開放の特色も深セン市民に再現しました。例えば、当時、深センに発展する人達が乗った緑色の「時光号」列車や、ボイス付けの深セン地図など、深セン発展の特色が溢れています。そのほか、深セン市民40年生活の写真も展覧して、人々に様々な感動を与えられます。また、最新の技術を使って、40年変化の姿をすべて人々の前に表します。人達はこれを通じて、当時の生活を体験できます。また、プリンターを使って、自分の生年月日とその時発生した事件をプリントでき、客の間に爆発的に人気を呼んでいます。
今回改革開放40年記念の時光博物館展覧会は、改革開放を記念するにしても、また全国、深センの人達に発展の力を感じられます。歴史を忘れず、しっかりとその輝きを刻めるべきだ、とは今回の主旨かもしれません。


東北行きの「深新号」列車が18日に発車
2018年12月19日

東北地方の雪世界を楽しむ年越しの「深新号」列車が18日朝、深センから発車しました。この列車は深センから、河南、遼寧、黒竜江などまで、合計15日間の年越しの愉快な旅です。列車で景色を見るだけでなく、各目的地の有名観光地が一覧できます。車内では一日中暖房を提供され、ソフト椅子で、客に一流のサービスを与えられます。ホテルもロシア系で、ロシアフードを食べられ、高級感を感じられます。客はスペシャルなクリスマスと元日を楽しめます。
各目的地には、冬にふさわしいイベントが開催され、人々は景色を見ながら、当地の雪世界を体験できます。そして、各目的地の名所旧跡も訪ねることができます。当地の文化の雰囲気をたっぷり感じられます。また、当地の博物館を参観し、その地域の歴史を心に刻みます。さらに、客の娯楽生活に応じて、撮影大会、モーニング体操、カラオケ、将棋試合、トランプ大会などの主題活動を行われ、客のテンションを更に上げます。
今回の東北行き列車は深セン人、または華南地方の人々に華北地方の冬を接触する楽しい旅でもあり、当地の生活、文化、歴史をもっと理解する貴重なチャンスでもあります。


深センでスマート車両査定システムを試行し 七席以下の車両の年次審査は平均10秒かかり
2018年12月22日

深センの自動車保有量の増加に従い、車両の年次審査を便利になるために、2018年12月20日から、深セン車両管理所は正式にスマート車両査定システムを試行し始めます。七席以下の車両には年次審査が平均10秒かかります。
このシステムはコンピュータービジュアル、ニューラルネットワークと深度学習方法を採用し、写真やビデオの中に特定の情報を引き取れます。ゆえに、車両審査ですべての写真、ビデオ、文字資料が識別できます。その中に、外観写真、ビデオ、書類資料という三つのモジュール計18項の審査内容を含めます。とくに、先端なスマート算法は識別しにくいVINコード、フォームが複雑な書類などの内容も識別でき、ある程度に車両査定の正確率を高めます。
また、システムは審査結界、審査時間、合格率などの方面をリアルタイムで監視し、ビッグデータ分析技術で情報を審査するなので、スタッフの80%―90%の仕事効率を高め、審査の手続きをより便利になります。はやい場合では、検査から証明書類を取るまで、一日で完成できます。
今、パソコンの車両管理所サイトで、あるいはウィチャットの深セン交通警察の公式アカウントで車両審査を予約できます。自動車保有者は自身の状況により、自分に適合する検査時間を予約し、近くの検査所で取り扱えます。


2017年深センの人が体育に使うお金が一人当たり2500元超えた
2018年12月23日

近日、深セン市文体旅行局は「2017年度深セン市の居民が体育に使う金額」という調査の結果を発表しました。調査結果によると、2017年深センの居民が体育に払う金額が319.85憶元に達しました。一人当たりの金額は2568.54元です。
データから見ると、深セン市の体育産業は発展が速くて、高速発展のトレンドを維持することが渡りました。また、体育産業の規模がますます広がっていくにつれて、市民の文化生活を豊かにさせ、町の経済を健全に発展させます。
なぜ深センの体育がこんなに速く発展できるのでしょうか。原因は以下の二つにあると考えられています。
まず、政府が体育を重視することです。「2017年度深セン市民が体育に使う金額」という調査結果によると、2017年深セン市の関連部門が体育に55.75憶元投入しました。これにつれて、深センの公共体育の環境が大きく改善されて、居民の消費意欲も高めました。
第二に、トップの試合が体育消費を促進します。近年、深セン市が試合を重視して、体育市場もますます広がっていきます。毎年深センで行われる国内外の重大な試合が30回あって、プロの試合が100回超えて、総計200万以上の人を引き寄せました。


第二回海峡両岸及び香港マカオの無人機航写創作大会の授賞式は深センに開く
2018年12月24日

12月21日、2018年第二回海峡両岸及び香港マカオの無人機航写創作大会の授賞式は深センに開きました。海峡両岸及び香港マカオから、合計18グループが「改革開放40年の輝き」をテーマをして、無人機で深センの景色を撮りました。最後、四川と台湾からのチームが金賞と銀賞を受賞しました。今回は文化事業に関する人々と深セン、台湾などの指導者が審査員として参加しました。
大会は10月23日から始め、たくさんの作品から、ネット投票も行い、最優秀作品を選んで、決勝戦でまた限定時間に作品を作り、最後に審査員に審査するプロセスです。その中に、投票は初めて設置されたから、非常に人気が溢れています。作品について、主なのは深センの人気スポットで取りました。例えば地質公園、東部華僑城など。どのグループでも無人機で深センの賑やかな街景色と山と海から生まれた自然景観を記録しました。
この航写創作大会の目的は科学技術を芸術に用いて、芸術の発展分野を広くことです。そのほか、海峡両岸及び香港マカオから、作品を募集する目的は四地の文化交流方式を更新することです。
この大会は四地の関係を繋がる重要な大会でした。各分野でも海峡両岸及び香港マカオに力を入れるべきだと望んでいます。


深センの中小学校の発展を進む「深セン中小学校建設企画質量を向上する指導意見」が発表した
2018年12月25日

深センで中小学校学位のトラブルが非常に深いです。深センの中小学校の発展を進む「深セン中小学校建設企画質量を向上する指導意見」が発表した募集時間は12月28日午後6時までです。この「指導意見」は学校建設を主にして、学校の環境を改変し、土地の利用率を向上させ、学生の活動スペースを広がりなどで建設する予定です。
今回の「指導意見」は3つの方面があります。1つは学校の教育ビルの建設についてです。以前の建築標準は中小学校のフロアは5階以下ですが、学校用地の制限なので、今は5階以上建てることができます。また、地下のスペースも使用できます。2つは学校環境の建設です。校舎内の空気品質の安全管理に関する内容が増加し、建設の標準は「民用建築工事室内環境汚染制御規範」を基づいてします。3つは学校内に教職員の寮を配置することができます。
中小学校と大学と違って、用地と資源が少なく、競争がますます激しくなりますから、中小学校の発展にこのような「指導意見」を作っていて、さらに、義務教育学校の建設を強化し、合理的な計画、科学的な計画を強化し、中小学の学位の供給を積極的に拡大することと信じています。

深セン初の国家レベル知的財産保護センターが正式に公開された
2018年12月26日

12月26日、深セン初の国家レベル知的財産保護センター――中国(深セン)知的財産保護センターの公開儀式が行われました。国家知的財産省、深セン政府の関連者達が儀式を参加しました。中国(深セン)知的財産保護センターは深センの産業に更に上げることにすごやかな意味があります。
その1つは深センの重点的な産業にすばやく特許を受理し、審査のサービスを提供することです。深センには、色々なハイテク企業があり、インターネット、新エネルギーなどの戦略的な新興産業があって、その特許の集積度も高く、知的財産権保護の需要が非常に強くなっています。しかし、これまでの手配をすれば、大型企業だけが優先的に知的財産権保護を貰えてしまった。ですから、深センに専用の知的財産保護センターを建設すれば、もっとの企業が知的財産権保護を貰えるはずです。また、深センの有効発明の特許量はただ北京より少なく、全国で2位でした。どの四半期でも、数多くの特許が渡すべき、非常に大変しました。中国(深セン)知的財産保護センターが建設できて、ある程度で国家知的財産保護センターのストレスを軽減できます。
しかし、深センには知的財産の面にはまた色々な問題があります。ですから、今後の中国(深セン)知的財産保護センターは知的財産権保護制度を真剣に実施し、知的財産権の協力のプラットフォームを構築することを目指しています。


ナビゲーション