本文へスキップ

深セン最新情報
ドットコム

深センの今を知ろう!

中国のシリコンバレーと
言われる広東省深セン市。

2018年に改革開放40周年
を迎え、今後もさらなる
発展が見込まれます。

田舎の漁村から40年かけて
世界一流の大都市へと変貌
を遂げた深セン魅力を余す
ところなくご紹介します。


深セン―中山の「水上バス」はバス化運営が実現された
2018年12月4日

以前、深センの人は中山に行こうとする時、虎門大橋を利用しますが、道がよく混んでいますので、かなり不便です。去年の8月から、深センは水上バスを運営し始めてから、45分かかれば中山につきます。
水上バスは、許容乗客数量が330人の高速豪華客船を使用します。運航時間は45分くらいで、一日に往来便が4便あります。
今年の11月30日から、深センの空港埠頭から中山の客運埠頭までの往来便は毎日14便に増えました。また、深センの空港埠頭はwechatでチケットを買えるようになりました。今後、中山及び中山近郊の人が深セン空港に行くのも便利になりました。深センの空港埠頭から中山の客運埠頭までの船便は去年オープンされてから、その便利さで「水上バス」と呼ばれています。
11月30日から、深セン空港の運航時間によりよく合わせるために、一日に4便の往来便を一日に7便に増えて、「バス化」運営が実現されました。
現在、深センの空港埠頭は毎日24便の高速客船が香港の空港とマカオに行ったり来たりします。そのなか、香港への便は一日に8便で、マカオへの便は一日に16便です。


世界「十大ベストツアー都市」を得た深センの魅力は
2018年12月5日

10月23日、深センは世界最大の個人旅行ガイド「孤独な星」に2019年10大最優秀旅行都市ランキングで第2位となったことにした。では、一体どのような理由で深センにこういう美称にもらったのか、以下の点からわかります。
まずは、深セン「アイデアの都」の国際影響力を高めるために、「旅行+文化創意」を推進することです。「孤独な星」ガイドには、深センの文化リゾートを主にしている「テーマパーク」がトップにします。さらに、この「テーマパーク」は深センの旅行産業発展の重要部分です。その「テーマパーク」たちが少しずつ深センの魅力を向上してきます。次は観光地旅行から全エリア旅行に観光管理サービスの知恵化を実現することです。これは、深センに色々な工業スポットや、周辺の町などが旅行産業と自身の経済発展とつなぎして発展します。ほか、全エリアの知能資源共有も「観光管理サービスの知恵化」の一部です。それから、大湾区の建設を計画して新しいチャンスをもたらすことです。深センの便利な交通、ビザの手続きのやすさにして、多くの人々は北京、上海より深センに旅行しに行く傾向があります。大湾区の発展によって、広深港の距離がもっと縮んで、こうして、深センの旅行産業に多くのチャンスを与えられます。特に海洋優勢を利用して、さらにすごやかな発展をもたらすことができます。


深セン空港―国内でまっ先に新ハイジャック防止検査モードを実行し始めた
2018年12月8日

近年、深セン空港は前後として顔認識、QRコードの自動改札機を導入した後、また乗客差異化ハイジャック防止検査新モードを実行し始めた。
このモードは民用航空公安情報クラウドプラットフォームのデータを利用し、国内安全検査待合区での自動改札機を通し、乗客の搭乗資格を確認し、乗客を「女性」、「男性」、「小荷物あるいは荷物なし」、「行動不便者専用」などの異なる類別を分けてハイジャック防止検査を行い、さらに託送荷物を開けて検査するかを知らせる。
現在、深セン空港の待合区では二種類の自動改札機を設置した。一つ目の自動改札機は国内待合区の入り口にセットした。乗客はIDカードあるいはパスポートを通して情報を確認し、情報が正しい場合では、搭乗資格許可を得られて待合区に入れる。二つ目の自動改札機はファーストトラックの入り口にセットした。安全信用が高い乗客は一つ目の改札機が認証した後、二つ目の改札機でファーストトラックに入れる。
2018年5月から、深セン空港が試験点として、乗客差異化ハイジャック防止検査新モードを試行し始めた。試行期間では、業内専門家と乗客の好評を得られたので、2018年12月1日から正式に実行し始めた。新モードには、有効に航空券と証明書類なし人員が待合区に入ることを防止でき、さらにハイジャック防止検査の待合時間と検査時間を節約でき、ハイジャック防止検査の効率も向上できる。


深中通路の海底トンネルを建造し始めた!
2018年12月9日

深中通路とは、東は海底トンネルで、西は世界で最も高い橋ーー海中大橋とつながる通路のことです。深中通路の建造が終わったら、江門市から深センに行くなら、一時間くらいかかれば着けます。昔より1時間半くらい短くします。
現在、深中通路の建造は最も大変な段階、すなわちトンネルの建設に入りました。深中通路のトンネルは長さが6.8キロメートルで、世界で初めて、8車線のヂュプレックスコンクリートトンネルを使用しました。海で広州から深センまでの交通の建設を実現させるために、深中通路プログラムは東人工島を築きました。
トンネルの両側は東島と西島とつながっています。西島は橋からトンネルへの変換が出来て、東島は「水中で通る」という役割を果たしています。深中トンネルの最も重要な働きは広州ー深セン高速道路、宝安空港、大空港区などの乗り換えが実現できることです。
深中通路が出来たら、東の深セン、西の中山、北の広州、南の香港に行くのも便利になります。深中通路を利用することで、コネクティビティすることができます。
2024年に深中通路の建造が終わる予定となっています。


深センの地下鉄4号線は延長し、2020年に観蘭にいける
2018年12月11日

深センの地下鉄4号線は深セン市内にあって、福田口岸駅から清湖駅までです。4号線は深センで唯一の南から北への路線です。北へ延長する路線は2016年9月から建設し始めて、終着駅は清湖駅です。
今年の12月9日に、深センの地下鉄の4号線は第三期工事で茜坑駅ー長湖駅までの路線を延長して、2020年に終わる予定となって、その時市民は地下鉄で直接に観蘭にいけるということが取り上げられました。
4号線の第三期工事は深センで最も重要な工事の一つです。この路線は4号線の第二期工事の終着駅の清湖駅から、平和路、観蘭大道、ゴルフ大道に沿って駅を設立します。清湖北駅、竹村駅、茜坑駅、長湖駅、観蘭駅、松元駅、観蘭湖駅、牛湖駅と総計8駅を設立して、全長は10.7キロメートルがあります。
第三期工事は港鉄技術諮詢(深セン)株式会社によって進めています。中国電建は施工主として、長さ7.88キロメートルとなる六つの駅の建設を担当しています。
龍華、観蘭地域とつながって、福田中心区、深セン北副中心を貫く重要な交通中枢となる4号線の第三期工事は2020年に終わる予定となっています。


次世代航空専門人材グローバルサミットが深センで開幕
2018年12月12日

12月12日から14日まで、第2回国際民航組織の次世代航空専門人材グローバルサミットが深センで開幕しました。討論を通じて、各国の航空教育、管理、科学技術者の交流プラットフォームを提供し、航空専門の人材の未来発展戦略を検討します。
今回サミットはすでに82の国と地域からの1000人のゲストが参加して、その中には300人の中に外国人が含まれていて、国内外の民航システム政府の役人、世界的な航空教育訓練機構、国際航空産業の領有軍の代表、各国の青年航空専門の人材などが含まれています。 今回のサミットは、主サミットのほかに、模擬国際民航組織フォーラム、未来空港発展フォーラム、航空教育フォーラムなどの3つの並行活動も設置されています。主サミットは航空仕事現在と未来に直面する挑戦、航空業界の女性、人材不足の解決策、国家の次世代航空専門人材戦略などの方面で検討する予定です。ほか、模擬国際民航組織フォーラムでは、現在の国際航空業と国際民航組織が直面する重要な問題についての検討に優勝した人はサミットの閉会式で観客にスピーチします。12月13日午後に開催される未来空港発展フォーラムはアメリカやイギリスの教授と専門家は現場で航空に関する最新の研究及び実践の成果を共有する予定です。
サミットは深圳で開催され、深圳の国際航空界の地位を高めるために、深セン国際航空の中枢建設を推進することになることを信じています。


ナビゲーション